利息がお得なローン

ウーマン

各社比較の仕方

カードローンやキャッシングを選ぶ際に、お金を借りたら利息を付けて返さなければいけませんから、金利は気にして欲しいです。では、どこがいいかとなると銀行カードローンが有利になります。個人向けの無担保ローンは、消費者金融やクレジットカードでもキャッシング枠が利用できますが、銀行は圧倒的に金利が有利です。消費者金融が18%の年率で融資を行っているのに対して、銀行は高くても14.8%です。3%近く低いのです。50万円以下の少額の借入れであれば、あまり利息の差はでませんが高額の限度額利用をする、または長期間利用することを考えれば、トータルで支払う利息には大きな負担の差が出てくるのです。金利は低いことにこしたことはありませんが、銀行だと審査が消費者金融よりも厳しくなります。既に消費者金融等で借入がある方は、新たに銀行でカードローンを作ろうとなると審査のハードルが上がりますが、ローン申し込みが人生で初めてという方はわざわざ金利の高い消費者金融のキャッシングに申込みをするよりも銀行カードローンに申込みをしたほうがいいです。審査の結果次第で消費者金融のキャッシングは検討することです。金利の安い銀行カードローンですが、利用の仕方によっては消費者金融を使った方がいい場合もあります。それは少額短期利用です。入り用だけど銀行口座に残高がない、給料日までは日数がまだある、そういった時に無利息の消費者金融に申し込みます。一定期間は金利がかからないので、給料日がきたら一括返済すれば利息0円で完済できます。