年利率について学ぶ

貯金箱

年利と利息の関係

キャッシングの金利相場は年利4%〜18%です。この年利の範囲で条件に応じて正式な金利が決定しますが、利息制限法で元金に応じた上限が定められています。利息制限法の内容では、元金10万円未満は年利20%が上限、元金10万円以上100万円未満は年利18%が上限、元金100万円以上は年利15%が上限です。例えば年利4%〜20%で設定しているキャッシング会社でも、借入額が30万円なら最大でも年利18%になります。万が一年利20%で貸付を受けた場合は超過した2%分は無効になるので、すでに払っている超過利息は請求することで返還してもらうことができます。一般的には借入額が大きく、正しく返済できる人は低金利での融資が可能です。継続的に正しく利用できれば、金利を引き下げてもらうことも不可能ではありません。キャッシングの金利は実質年利で表示されています。通常の金利に加えて印紙代など手数料などが込みの表示となっており、返済において実質年利以外の費用は原則発生しません。ただし返済日が守れない場合は、遅延損害金として延滞分の利息が発生します。遅延損害金の利率は年利20%で設定しているケースが多く、これは元金に関係なく一律で発生する金利です。通常の利息とは別にかかるため、返済日は必ず守らなくてはなりません。実際に発生するキャッシングの利息は、返済シミュレーションを活用することで簡単に負担額が確認できます。返済計画を立てる時に利用してみましょう。