ウーマン

利息がお得なローン

カードローン・キャッシングを選ぶなら、銀行が金利が低いので有利です。ローン申し込みが初めての方は、まず銀行カードローンに申込みをして、その審査結果次第で消費者金融のキャッシングに申込みをするか検討したほうがよいです。

詳しく見る

マネー

異動情報がある方の借入れ

異動情報、つまりブラックであると基本的にはどこの金融機関も貸してくれるところはないです。ただ、大阪にもありますが中小消費者金融であれば、金融ブラックであってもその人に事情を伺い柔軟融資を検討してもらえることがあります。

詳しく見る

電卓

利用する前に

フラット35を利用した住宅ローンに申し込む場合には、まずそれぞれの商品の内容をしっかりと確認する必要があります。商品によって金利も異なっていて、金利が推移するものもあることから、返済を確実にできる商品を選ぶ必要があります。

詳しく見る

貯金箱

年利率について学ぶ

キャッシングの金利には上限が定められています。一見して難しいと感じる金利も基本的な知識を理解しておくだけで法外な金利での貸付を避けることができ、また、対策も立てやすくなるので事前に確認しておくことは大切です。

詳しく見る

男の人

おすすめローン選び方

大阪で消費者金融を選ぶなら大手の消費者金融がおすすめです。無利息期間サービスの実施や自社ATMが多く、提携金融機関のATMも使うことができます。さらに、全国展開しているので日本どこでも返済をすることができます。

詳しく見る

住宅ローンについて

財布

金融機関によって違います

フラット35は住宅を購入したい人に対して融資をする際の住宅ローンの種類を指します。特徴としては借入時に返済額が確定するタイプで安心感を提供できます。つまりこのフラット35は固定金利の為、借入時に金利や返済額がすべて確定するタイプになります。変動の場合の将来の金利上昇リスクを考える事なく加入できる点がポイントです。住宅ローン金利の推移をみると、2008年頃は3%強程度の水準でしたが、現在は1.5%程度の水準となっており、この10年ほどで下落傾向をたどっています。この推移をみると、現在は利用するには低金利であり、さらには固定であればメリットが高い事から、フラット35の利用は利用価値が高いといえます。なお今後はどのように推移するかは分かりませんが、フラット35の場合は繰り上げ返済手数料は保証料は無料となっており、計画的に繰り上げ返済したい方や安定的に資金計画を立てたい方にはぴったりの商品となっています。フラット35は多くの金融機関で利用できますのでまずは近くの金融機関で相談する事が大切になります。フラット35の利用には条件があり、借入は100万超から8000万まで、返済額は年収の35%までなどがその条件です。フラット35以外にも金融機関は独自の住宅ローンを展開おり、目先の金利は独自ローンが低い場合もありますが、低金利で推移している現状を考えて固定金利でしっかりと返済をしていくフラット35は多くの人に選ばれています。